PayPal

PayPal

よくあるご質問

審査について

カテゴリー:
トラブル・対処法

審査の目的

ペイパルは、本人確認手続きのみでかんたんにクレジットカード決済を受け付けられる便利なサービスです。ペイパルは取引の安全と売上を守ることを第一と考え、随時モニタリングを行っております。そのため取引開始後でも、特定の業種・業態(例:チケット販売、旅行、セミナー、その他特定のサービス業)や月間売上高が一定額を超えた場合には、不正利用から売上を守るために審査の追加書類をご提出いただく場合があります。また、利用規定ポリシーに基づき、新規登録をいただく前に事前承認が必要なサービスがあります。さらに、特定の物品・行為に関与する取引ではペイパルをご利用いただけませんのでご注意ください。
ご注意:審査基準、審査の結果に至った理由、決定事項等のリスク管理の詳細について開示をすることはできません。

1. 追加書類について

取引開始後でも追加書類が求められる場合の例

  1. ペイパルが定める月額の売上金額を超えた方
  2. チケット販売、旅行、セミナー、その他特定のサービス業・業種・業態の方

追加書類の例

モニタリングの結果、追加書類の提出が必要な場合はメールにてお知らせいたします。メールの指示に従って必要書類を提出してください。

以下は、基本的な書類の一例です。

  • 営業許可または事業登録情報
  • 財務諸表(貸借対照表、損益計算書、現金収支一覧表、銀行取引明細書等)
  • サイトのURL、販売商品、返金ポリシー、商品の履行期間、従業員数を含むビジネスモデルの詳細情報
  • 月間売上高(概算)

追加書類の提出方法

  1. ペイパルから通知メールが届きます。
  2. マイアカウントの[問題解決センター]より必要書類をアップロードしていただき、ペイパルから連絡があるまでお待ちください。追加情報が求められた場合も、速やかに提出してください。

2. 新規登録前に事前承認が必要なサービス

以下のサービスで支払いを受け取るには、事前にお問い合わせください。

事前承認が必要なサービスお問い合わせ先
  • 慈善団体/非営利団体の寄付や募金活動
  • 宝石、貴金属、貴石
  • 資金支払い業務
  • ギフトカードを含むストアドバリュー・カードの販売
  • 株式、債券、投資信託、オプション、先物商品、これら有価証券及び為替の証拠金取引等に関するセミナー、コンサルティング、販売等、及び株式会社または保有資産に対する持分への助言・コンサルティング
  • 不動産の販売・賃貸
  • エスクローサービス
jp_compliance@paypal.com
  • オンライン交際紹介サービス
  • ファイル共有サービスまたはニュースグループへのアクセス
  • アルコール飲料の販売
aup-jp@paypal.com

3. 禁止行為について

不文法・成文法・条例または規則に違反する行為、消費者の安全をおびやかす商品、わいせつと認識される物品等の特定の物品・行為に関与する取引等の禁止行為ではペイパルを利用することができません。

くわしくはPayPalユーザー規約およびPayPal利用規定ポリシーをご覧ください。